機能と特徴

機能と特徴

Moshi Moshi Chatは
お客様とオペレーターのコミュニケーションを
より簡単に より的確に よりタイムリーに
支援する豊富な機能を有しています。

簡単導入

タグを埋め込むだけで
貴社のサイトから利用可能

1行のスクリプトを組み込むだけで、貴社のサイトにチャットを追加できます。費用膨大な時間のかかるインテグレーションなど必要ありません。

Webブラウザさえあれば
今すぐチャット開始

ブラウザでサイト上のボタンをタッチするだけ、スマホのアプリをタッチするだけ、そんな簡単な操作で、お客様はスマホ・タブレット・PCからワンタッチで即コミュニケーション開始できます。

スマートフォン対応
アプリからも呼び出し可能

スマートフォンへの対応も◎。ブラウザからワンタッチで利用可能です。また、無料アプリをGooglePlayやAppStoreからダウンロードして利用することもできます。

オペレータ1ID
たったの3,000円
月額制で予算が立てやすい

オペレータ1ID単価月額3,000円で使い放題!初期費用もありませんから、予算立ても簡単です。2週間の無料トライアルも実施しておりますので、良く確かめてからご利用いただけます。

豊富な機能

チャット機能

貴社サイトへの訪問者を顧客に変えるために、チャットは有効です。電話・メール・各種SNSより手軽に、迅速に対応でき、顧客満足度とコンバージョン率をアップさせます。

あらゆる形式の資料共有

PDFはもちろん、パワーポイント、ワード、エクセルに加え、画像、音声、動画ファイル、手書き、HTML、あらゆるコンテンツを共有できるのがWeb資料共有です。

画面共有(オプション)で
よりビジュアルに的確に

お互いの画面を共有し、遠隔にいてもプロジェクター感覚で資料の共有やアプリケーション画面の共有が出来ます。また、リモートデスクトップ機能では、相手の画面を操作することが可能です。

チャット履歴管理
CSV出力機能

お客様とのチャットは、その内容、開始時間/終了時間/チャット時間、等々がチャット履歴として残す事ができます。また、そのチャット履歴はCSVファイルの形で入出力が可能です。貴社のCRMシステムに連携できます。

マイクロCRMで
お客様の情報を記録・管理

毎回のチャットメモを記載・データー化できます。継続したお客様からのチャット接続の場合、そのお客様との過去のチャットメモをオペレーター端末に表示する事ができます。また、マイクロCRMデーターは外部CRMとの連携が可能です。

最適オペレーターへ
お客様を自動接続

複数オペレータで運用する場合、お客様の着信を最適なオペレータに自動で接続する機能です。最適オペレータ自動接続機能 WebACD(R)という弊社の特許技術です。

転送・オペレーター追加で
リアルタイム解決に貢献

お客様との応対中、必要に応じ、他のオペレーターへのお客様の転送や、他のオペレーターやマネージャーを追加した三者間会話が可能です。よりリアルタイムな解決に貢献します。

待ち接続表示機能

オペレータが全員応対中でお客様の「待ち」が発生している場合、何人のお客様が待っていらっしゃるのか、全オペレーターコンソールに表示されます。この数字を見てオペレーターは応対の速度を考える事ができます。

マネージャデスクから
オペレータ管理も

オペレーターとお客様との会話状態のモニタリング、オペレーターの能力要件の設定、会話内容の管理など豊富な管理機能があります。

多言語対応

お客様のご利用環境に応じて表示される言語が自動変更されます。 オペレーター側のコンソールの表示言語を変更することもできますので、多様な人材に対応できます。

定型文の登録で
よくある質問は自動でさばく

お客様からのよくある質問・問い合わせに対して、回答を定型文に登録できます。その分は自動で対応が可能になるため、より重要な案件に人員を割けます。

ウィジェットカスタマイズ
デザインや設置位置の調整

チャットウィジェットのデザインを変更できます。貴社のサイトに合わせた色味、文字色、位置の設定が可能です。

\まずは2週間、試してみる/

そして、
安心のセキュリティ。

世界最高水準のサーバー&ネットワークセキュリティ

・SLA提示の国内大手データセンター上で安定したサービス運営を実施
・データセンターはICカードと静脈認証を用いた入室管理により部外者を排除
・IDS(不正侵入検知)とIPS(不正侵入遮断)を設置
・サーバーの動作を24時間365日有人監視
・ファイアウォールを用いてクラウドコラボレーションサービスと無関係の不正通信を遮断
・セキュリティアップデートによるウィルス、不正アクセス対策を実施
・業界最高水準のSSL暗号化通信(4096bitRSA+128bitAES)を利用し、安全性を高度に確保
・銀行をはじめとする金融業界セキュリティ標準FISC基準対応データーセンター使用(Moshi Moshi Interactive)

社内情報取り扱いにおけるセキュリティ基準

・プライバシーマーク認定(登録NO. 22000133)
・サーバーへのアクセス権の制限は、プライバシーマーク基準を満たす情報保護マネジメント体制において厳重に実施

地震などの自然災害や
計画停電の影響での
サーバーダウンに対する安全性も担保

・データセンターは国内複数拠点に分散
・データは24時間間隔30世代分を保管
・サービスの年間稼働率実績:99.98%
※算出根拠:当社クラウドサービス稼働状況 2014年1月-2017年12月の4年間平均稼動実績より
※米国政府(米国連邦調達庁)のクラウドサービス調達要件は稼働率99.5%であり、弊社のSLA、実際の稼働率はこれよりも高水準

\2週間、試してみませんか?/